スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相動静(3月26)(時事通信)

 午前7時43分、公邸発。「北沢防衛相と沖縄県の仲井真知事が会談するなど、普天間問題の実質的協議が始まったが」に「政府案を今月末までに決める段取りの説明などをスタートさせた」。同45分、国会着。同46分、院内大臣室へ。同50分、閣議開始。(了)

築地市場移転で都譲歩、民主は予算案賛成へ(読売新聞)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
<鉄道事故>男性がはねられ死亡 JR東海道線品川駅(毎日新聞)
<センバツ>開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
スポンサーサイト

特定看護師の制度化に向け来年度から検討を(医療介護CBニュース)

 政府の構造改革特別区域推進本部評価・調査委員会の医療・福祉・労働部会(部会長=佐藤博樹・東大社会科学研究所教授)は3月26日、「ナースプラクティショナー(専門性の高い職務が可能な看護師)の必要性」に関して「調査審議意見」をまとめた。厚生労働省に対し、同省の「チーム医療の推進に関する検討会」がこのほどまとめた報告書に基づき、来年度から看護師の役割拡大に向けた取り組みを行うよう求めている。調査審議意見は月内にも同委員会に提出する。

 看護師の役割拡大について、同検討会の報告書では、一定の医学教育や実務経験を前提に、専門的な臨床実践能力を持つ「特定看護師」(仮称)が、医師の「包括的指示」の下、「診療の補助」に含まれない一定の診療行為を行える枠組みをつくることなどが示されている。ただし、特定看護師は、米国などで医師の包括指示がなくても診療行為を行っているナースプラクティショナー(NP)とは異なる。

 調査審議意見では、「来年度から、報告書における特定看護師(仮称)による特定の医行為の実施を早急かつ幅広に試行することとし、その結果を踏まえ、制度化に向けた検討を進められたい」とし、その際の留意事項として、▽「診療の補助」の範囲に含まれているかどうかが不明確な行為について、看護師ができる行為を拡大する方向で明確にする▽特定の医行為の範囲について、これまで専門性が高い職務が可能な看護師の養成に取り組んできた養成現場の関係者などの意見を踏まえて行う―などを示している。

■既存のNP養成講座はどうなる?
 同日開かれた部会では、調査審議意見の取りまとめに向け、厚労省を交えて意見交換が行われた。
 田城孝雄委員(順天堂大医学部准教授)は、検討会の報告書に対して「一歩前進でよかった」と評価する一方、「NP養成」と銘打った講座が大分県立看護科学大など複数の大学で既に開講されていることについて、「今後は『特定看護師に関する』などと(名称などを)変えた方がいいのか」と述べた。
 これについて佐藤部会長は、「NPというときの大学側の趣旨が何かによる」とし、「自分たちがNPだと使っていたものと特定看護師が同じものだと分かれば、大学側が特定看護師養成講座に名称を変えることもあり得るのでは」と述べた。
 厚労省側は、今後の検討で具体的に詰めていくとした。


【関連記事】
特定看護師創設、「今後を注視」―日医
「歴史的な一幕」―「特定看護師新設」で日看協・坂本副会長
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案
「日医のすべてを懸けて反対」―「特定看護師」創設に羽生田常任理事
看護師の業務拡大「大きく動き出した」―医福労部会

関税法改正案が衆院通過(時事通信)
カーナビ番号記載義務化…盗品ネット転売防止(読売新聞)
強盗致傷で高校教諭を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
<地方分権委>志半ばの「退場」 31日で活動終了(毎日新聞)

<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)

 石井幸夫さん71歳(いしい・ゆきお=毎日新聞懇話会最高顧問、毎日新聞関大前販売所長)23日、急性心不全のため死去。葬儀は近親者で行われた。お別れの会は4月8日午前11時、大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館。喪主は長男史敏(ふみとし)さん。

 01~05年に毎日新聞懇話会会長を務め、同年から最高顧問。

牛丼「すき家」ご難、横浜と千葉県の店に強盗(読売新聞)
<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
<強風>杉の木が倒れ石灯ろう壊す 奈良の春日大社境内で(毎日新聞)
へき地保健医療計画対策の報告書案を了承―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(4)「防ぎようはなかったのか」(産経新聞)

<長谷川等伯展>鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日、東京・上野の東京国立博物館で、安土桃山時代の絵師、長谷川等伯(1539~1610)の作品を集めた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(毎日新聞社、NHKなど主催。22日まで)を鑑賞した。首相は記者団に「『仏涅槃(ぶつねはん)図』などびっくりするような迫力を間近に見て、非常に感銘を受けた」と感想を語った。

 首相は、美術などの各種の展覧会について「なかなかペイする(利益を出す)のが難しい。(首相が提唱する)『新しい公共』などを含め、芸術を国民に広く愛していただけるような環境を政府として応援したい」とも述べた。今後、国として支援のあり方を検討していく考えを示した。

【関連ニュース】
地下鉄サリン15年:遺族、首相らが献花 健康被害なお
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
鳩山首相:贈与税3470万円を納付
鳩山首相:パラリンピック金メダリストにおわび
鳩山内閣:支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査

平田・民主参院国対委員長、原口総務相の遅刻を厳しく批判(産経新聞)
米週間アクセス数 フェースブックがグーグル抜き1位(産経新聞)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
将棋棋王戦、久保勝ち最終決戦に(産経新聞)
新潟市美術館 かびやクモ発生…何が起きていたのか(毎日新聞)

鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)は16日、強風で折れた大銀杏(おおいちょう)の幹の植え付け作業を終え、報道陣に公開した。本殿に続く石段脇で、残った根の約7メートル西側に植え、再生に期待を寄せる。

【無事だったころの写真も】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 大銀杏は樹齢1000年とされ、かつて源実朝を暗殺した公暁が隠れていたとも伝えられる。幹回り約6.8メートル、高さ約30メートルだったが、雪交じりの強風の影響で10日朝、根元付近が折れて倒れた。

 再生の可能性があるとの判断で、幹の下部約3.6メートルを植え直した。内部には直径約1メートルの空洞もある。残った根からも、ひこばえ(幼木)が生えるかもしれないという。

 石段は現在、通行止めになっているが、八幡宮は近く、一般の参拝客にも大銀杏を公開する予定。【吉野正浩】

【関連ニュース】
<衝撃、大銀杏倒壊>吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 
鶴岡八幡宮:大銀杏の幹を移植 倒壊場所から近い西側へ
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 専門家「90%再生できる」 
<写真特集>毎日植物園・秋 黄金色に色づいたイチョウ並木の下をお散歩

愛子さまクラス替え特別配慮 「問題児童と同じにしない」(J-CASTニュース)
女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)
<トキ襲撃>ケージのすき間にテンの毛(毎日新聞)
地図に男、男、男…混乱気味の尋問に裁判長も「このままでは分からなくなる」(産経新聞)

中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたロックバンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)が警視庁の調べに対し「1年ほど前から覚せい剤を使っていた」と供述していることが分かった。

 また中村容疑者は「薬物は都内の路上でイラン人から買った」とも供述しており、警視庁は入手ルートを調べる。

 捜査関係者によると、中村容疑者の自宅マンションにある机の中から微量の覚せい剤や大麻、コカインが発見されており、使用した形跡のあるパイプ2本もあった。中村容疑者はこれらの薬物の使用についても認めており、警視庁は常習的に薬物を使用していた疑いもあるとみて調べる。【町田徳丈】

【関連ニュース】
中村耕一容疑者:矢野きよ実さんが出演自粛 交際報道で
中村耕一容疑者:大麻やコカイン、自宅から押収
覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕
JAYWALK:アルバム回収へ ボーカル逮捕で
覚せい剤所持:「JAYWALK」アルバム回収へ ボーカル逮捕で

<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)
民主、参院福島2人目に男性医師を内定(産経新聞)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(4)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)
大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩-鶴岡八幡宮(時事通信)
容疑者の菓子盗み食い、巡査を減給処分(読売新聞)

<廃棄輸入義務米>バイオ燃料など有効活用を検討(毎日新聞)

 カビが生えたりして廃棄された輸入義務(ミニマムアクセス)米が1月までの1年間で1096トンに上っていることを受け、農林水産省は16日、廃棄せずにバイオ燃料などに有効活用できないかどうか検討する方針を明らかにした。舟山康江農水政務官は「廃棄は安易。需要を確認し捨てない方向で検討する」と述べた。

【関連ニュース】
全日本学生児童発明くふう展:表彰式 常陸宮ご夫妻も出席
全日本学生児童発明くふう展:東京で表彰式
第3部・削減を阻むもの/1(その2止) バイオ燃料で規格争い
みにニュース:「県菜の花プロジェクト推進協議会」にアサヒビールが寄付 /岡山
BDF:県内初の路線バス、廃油燃料で出発--松江 /島根

非核三原則見直しを 岡田外相への質問(産経新聞)
和解勧告受け「一日も早い実現を」-全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
スペインでそば打ち、信州の愛好家が実演・交流(読売新聞)
米次官補が訪日を突然中止 日程上の理由と国務省(産経新聞)
看護師、傷害容疑で逮捕=入院患者の肋骨折る-兵庫県警(時事通信)

近畿産業信組支店長、1700万円盗まれる 大阪・枚方市(産経新聞)

 8日午後2時35分ごろ、大阪府枚方市東香里新町の駐車場で、「近畿産業信用組合香里支店」の男性支店長(50)が、止めていた車を発進させようとしたところ、男に助手席側のドアを開けられ、助手席に置いていた現金約1700万円入りのかばんを盗まれた。男は走って逃走した。枚方署は窃盗事件として調べている。

 枚方署によると、男は身長約180センチ、目出し帽を着用していた。支店長は近くの取引先で集金し車に戻ったところだった。助手席は施錠していなかったという。

【関連記事】
赤い軽乗用車でひったくり 容疑の兄弟ら逮捕 警視庁
61歳男が強盗目的を否認 店主強盗殺害の初公判 千葉地裁
札幌のパチンコ店で200万強盗
事故現場で救護中にパトカー盗まれる 栃木県警
被害者が外出先で発見、携帯で撮影 強盗容疑でウズベキスタン人逮捕
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

兵庫・明石のJR新快速で人身事故 1万400人に影響(産経新聞)
仕分け対象の公益法人絞り込みへ 行政刷新会議が各省ヒアリング開始(産経新聞)
天下り企業「丸抱え」 スプリング8、運営財団 取引年十数億(産経新聞)
野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)
700万自腹で払って運転士に そんなお金持ち現れるのか(J-CASTニュース)

【風】高速無料化 方法論に是非(産経新聞)

 高速道路の無料化に関し、読者の方々からたくさんのご意見をいただいている。明確に賛否を示したものだけを抽出しても、反対が賛成を大きく上回っており、受け止めは芳しくない。

 反対の根拠で目立つのは、受益者(高速道路利用者)の負担にすべきだ▽公共交通機関などの民業を圧迫する▽渋滞を引き起こす-といった意見だ。

 《マイカー所有者でも、大都市の住民は旅行でも行かない限り、恩恵を受けることができません。この一面をとっても、公平性の欠如は明白です》と、大阪府の会社員男性(42)。広島県の男性(62)も《高速道路を維持するには、莫大(ばくだい)な費用がかかります。やはり、使う人が負担するのが原則》と指摘する。

 民業圧迫に関しては、東海地方で路線バスの運転手をしているという匿名の男性からメールをいただいた。《赤字の一般路線を高速バスの黒字で埋めており、何とか運行維持に努めている》といい、《本数が少ない路線でも、お年寄りや学生さんが乗ってくれます。そこに無料化という追い打ちをかけられたら…》と不安視している。

 渋滞の悪化に関しても多くの指摘があったが、無料化賛成の方からは“反論”も寄せられた。

 ドライブが好きで、民主党が無料化を約束し、ハイブリッド車を買ったという千葉県の男性(70)は《無料化にすると道路がこむというのは正しくない。年配者や平日が休みの人は、ウイークデーに出掛けるので、土日は最近のようにこまない》と推測。

 和歌山市の男性(60)は《無期限でいつでも無料で、しかも料金所が撤廃になれば、スムーズに車は流れると考えます》。環境面についても《一般道は信号が多く、車は発車・停車を繰り返すため、排ガス量が多い。これらの車が一部高速道路に流入するでしょう。日本全体でみれば、かえってCO2は減るのかもしれない》とみている。

 無料化反対派の中にも「土日祝日千円乗り放題」のような割引制度の継続を望む声は多い。逆に賛成派では、限定的な実施に《がっかりした》という意見も目立った。不況が続く中、両者の違いは、総じて「無料化」という方法論の是非にあるようだ。(U)

【関連記事】
高速無料化で5億円減収 JR四国が試算
高速無料化 誤りの是正をはばかるな
「(高速)無料化より道路造って」 千葉県の森田知事
観光の影響は限定的 高速無料化で高知知事
“社会実験”高速無料化 本当に必要?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

紀伊半島沖に地震・津波計=「東南海」対策に期待-無人機で海底に設置へ・海洋機構(時事通信)
<交通事故>乗用車同士が正面衝突、3人重体 京都・南丹(毎日新聞)
イラン制裁で連携 岡田外相が米国務副長官と会談(産経新聞)
<元駐日米大使補佐官>「岩国で核保管」66年に3カ月以上(毎日新聞)
<雑記帳>密室政治解消?市長面会室ガラス張りに 南相馬市(毎日新聞)

【生きもの秒写】「ホッキョクグマ」 白浜・アドベンチャーワールド(産経新聞)

 ■力強くはぐくむ生命

 待ちに待った誕生だった。シロクマの愛称のとおり、真っ白な毛に覆われたホッキョクグマの赤ちゃん。「良く動く元気な子だ」と飼育スタッフみんなが心から喜んだ。和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド。昨年10月13日、同園で飼育する2頭のホッキョクグマの間にメスの赤ちゃんが1頭誕生した。「力強く生まれてきた」と飼育スタッフの荻谷実さん(40)が誕生時を振り返る。

                *  *

 生まれたときに724グラムだった小さな体は3月8日現在で22キロを超え、すくすくと育っている。丸い小さな瞳。三角おにぎりのような形の耳。ふわふわの毛に覆われ、よちよちと歩く姿は、ぬいぐるみが歩いているようだ。来園者たちは愛くるしいまでの姿に歓声を上げ目を細めている。

 北極圏に生息するホッキョクグマは2万から2万5000頭といわれている(国際自然保護連合調べ)。地上最大の肉食獣で、オスは最大で800キロほどになるという。泳ぎが得意で主にアザラシを食べ、魚や水鳥なども捕食する。

                *  *

 しかし地球温暖化の影響で、生息環境に深刻なダメージを受けている。

 ホッキョクグマは食物の豊富な春と秋に集中して氷原で狩りをする。そして十分に食べて体脂肪を増やし、獲物の少ない時期を乗り切るエネルギーを蓄えるのだという。

 しかし、気温が上がり氷が解ける時期が早まるほど、狩りをする場が少なくなり「飢え」の時間が長くなる。ホッキョクグマはすでに、絶滅のおそれのある野生生物のリスト「レッドリスト」に名前を連ねている。

                *  *

 また、妊娠したメスは、子供を産んで育てる冬ごもりの100日間は、何も食べずに過ごす。子育てには2年半ほどかかり、単独で狩りができるまで愛情深く面倒をみる。

 アドベンチャーワールドの子グマは、哺乳(ほにゆう)瓶に入ったミルクを飲み干し、元気よく動き回って疲れたのか眠り始めた。

 何を夢見ているのか。私は子グマの寝顔を見つめて、遥か遠く、白い氷原を渡る風に思いをはせた。=おわり

 (この連載は写真報道局・頼光和弘、大塚聡彦が担当しました)

                    ◇

 「秒写」は今回が最終回。次回からは新しい企画がスタートします。

<小林氏陣営違法献金>日教組書記長「極めて残念」(毎日新聞)
<東北大病院>がんではない70代男性に手術(毎日新聞)
野口宇宙飛行士 無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)
ニイウスコー元会長ら再逮捕=売上高250億円過大計上-横浜地検(時事通信)
最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)

<中2自殺>「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪(毎日新聞)

 岐阜県瑞浪市立瑞浪中学校2年生の少女(当時14歳)が06年10月、いじめをほのめかす遺書を残して自殺した問題で、少女の両親が4日、遺書に名前があった同級生の女子生徒4人と保護者を相手取り、計約4900万円の損害賠償を求めて岐阜地裁多治見支部に提訴した。

 訴状などによると、少女はバスケットボールの部活動をしていたが、同級生の部員4人に「ウザイ、キモイ」などと言葉によるいじめを受け、誕生日の06年10月23日、4人の名前を挙げて「お荷物が減るからね」などと書いた遺書を自室に残し首をつって自殺した。

 少女の父親(47)によると、4人とその保護者は当初、謝罪の意思を示していたが、うち2人はいじめの事実を否定し、他の2人は音信不通だという。父親は「4日まで待ったが連絡が来なかった。再発防止のためにも娘の代わりに訴えた」と話している。

 一方、4人のうちの1人の代理人弁護士は「訴状を見ていないので主張に対するコメントはできないが、いじめの事実はなく、自殺はいじめに基づくものではない」とするコメントを発表した。【小林哲夫】

【関連ニュース】
中2自殺:いじめ示唆のメモ公開 市教委は「確認できず」
中2自殺:いじめか? 手紙でほのめかす 東京・清瀬
瑞浪「いじめ」自殺:両親、遺書に名前のある生徒ら提訴へ
性同一性障害:深刻な相談十数件 埼玉県の学校緊急調査で
自殺:いじめ?中2飛び降り 手紙でほのめかす--東京・清瀬

仕分け余波…政府広報「テレビ6番組」全廃(産経新聞)
毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)
<津波>足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧(毎日新聞)
伊方原発 プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
副大臣が4回長崎出張=知事選前、農水相も1回-政府答弁書(時事通信)

龍馬特集の観光ガイド、全国発売(読売新聞)

 坂本龍馬を特集した観光ガイドブック「るるぶ長崎 龍馬スペシャル」(JTBパブリッシング刊)が1日、全国で一斉に発売された。

 ガイド本として著名な「るるぶ」シリーズで、龍馬など歴史上の人物に特化したものを出版するのは初めて。

 昨年10月、長崎県が観光客誘致に役立てようと、同社に働きかけて実現した。予算約1100万円を充て、県も編集に携わった。

 テーマは、「龍馬が愛した長崎」。長崎歴史文化博物館に新設された龍馬伝館を見取り図などで詳報し、亀山社中記念館や寺町かいわいなど、ゆかりが深い場所の散策コースも掲載。グルメスポットや龍馬の巡ったルートなども歴史を交えながら紹介している。

 AB判、96ページ。780円。初版は3万7000部で、全国の書店や九州地区のコンビニエンスストアなどで販売する。同社の担当者は「龍馬に関する情報をぎっしり詰めた。長崎に行ったことがある人でも新たな発見があるはず」と話している。

事故現場で救護中にパトカー盗まれる 栃木県警(産経新聞)
民主・小林氏「申し訳ない」進退明言せず(読売新聞)
スノボ男子大回転・野藤 母楽しみ「メダルかじらせてくれる」(産経新聞)
41年目の赤軍派元メンバーたちが京都に集った理由とは?(産経新聞)
<異臭>山陽新幹線「のぞみ」で オイル漏れか 乗客避難(毎日新聞)

会計担当、資金一手に管理=小林氏陣営、外部のチェック入らず―政党支部や後援会も(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営と北海道教職員組合(北教組)をめぐる政治資金規正法違反事件で、逮捕された陣営の会計担当、木村美智留容疑者(46)が、衆院選の選挙事務所だけでなく、政党支部など小林氏に関連する資金を一手に管理していたことが4日、関係者の話で分かった。
 札幌地検は、不正な資金が流れた背景に、第3者のチェックが入らない会計管理の体制があるとみて、全容解明を進めている。
 関係者によると、自治労北海道幹部の木村容疑者は、2008年9月に衆院選に備えて選対事務所を構えた陣営で、事務局次長として会計事務を一人で担った。
 一方、以前から小林氏が代表となっている「民主党北海道第5区総支部」の事務担当者としても、会計を含む事務全般を統括。同氏の資金管理団体「ちよみネットワーク2000」と政治団体「小林ちよみ連合後援会」でも、政治資金収支報告書では木村容疑者が事務担当者で、会計の責任者は別の労組関係者となっているものの、この関係者は取材に対し、「実質的には木村容疑者が会計を担当していた」と証言、札幌地検に対してもこうした説明をしているという。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

仮病で市議会欠席、ハワイから病欠届け出(読売新聞)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り-公取委(時事通信)
河口16キロ上流でも水位急上昇=40センチ、利根川で-茨城(時事通信)
外相、米核戦略で緊密協議求める(産経新聞)
日本郵政、業務自由化を要望=かんぽの宿、一部を介護施設に(時事通信)

真央、好調の裏に小顔マッサージ(スポーツ報知)

 24日(現地時間23日)のバンクーバー五輪フィギュアスケート女子ショートプログラムで2位発進となった浅田真央(19)は、行きつけの整体院「龍生堂」(名古屋市)で、通常のスポーツ整体と別に、謎の“小顔マッサージ”を受けていた。顔を引き締め、美しく見せるだけでなく、実はジャンプの回転のキレにも効果があるという小顔治療。どんな施術なのか、実際に施術してもらい、探った。

 真央が、“個人トレーナー”ともいえる龍生堂の呉藤龍生(ごとう・たつお)院長(43)のもとに通い始めたのは、04年の初夏から。昨年12月29日には「全身に筋肉痛と疲れがたまった状態」(院長)で訪れ、2時間近くかけ体をオーバーホール。また、五輪直前の1月16日と23日にも最後の手入れを受け、「金メダルを取ってください」という院長のエールに、笑顔を見せていたという。

 筋肉をほぐし、疲労をとるスポーツマッサージを受けることが多いが、「おととしの秋からは、小顔のマッサージも受けていかれます」と院長は明かした。エステのメニューにあるような“小顔法”? アスリートと縁がなさそうだが、院長は「スケートとも関係があります」とアピール。一体、どんなマッサージなのか。院長に無理を言い、アラフォー男の記者が、同じコースを体験させてもらった。

 「男性にやるのは初めてです」と院長は苦笑する。まずうつぶせになり、首、後頭部、背中のバランスを矯正。さらに頭部のマッサージを受ける。続いて秘密兵器の「吸い玉」が登場。真空にしたガラス球で顔をカポカポと吸ってもらう。「むくみを取る効果がある」とか。さらにお灸(きゅう)。熱くはなく気持ちいい。これは「あごの関節の炎症をとるため」。最後に顔全体を力強く入念なマッサージ。首から上がスッキリした感覚があり、間違いなく顔の血行はよくなった。ちなみに約60分で6000円だ。

 首や頭部のバランスを矯正することで「ジャンプの回転がよくなる」と院長。軸がブレないということか。さらに顔が引き締まり、りりしく見えることで「受けた後は、真央ちゃんは自信を持ってリンクに立ってますね」と力説する。昨年10月にも小顔術を受け、喜んで帰ったという。

 この日は、忙しい仕事のかたわらテレビ中継に見入り、拍手を送った。「まだフリーで逆転できますよ」。帰国したら、真央の疲れをほぐしてあげたいという呉藤院長。その首には、金メダルがかかっていることを信じている。

 【関連記事】
真央、ヨナの前で完璧ジャンプ!32回ノーミス…フィギュア
幸夫人もエール「真央ちゃん美姫ちゃん鈴木さん頑張って」
真央に「2並びの郵便局長」がエール…フィギュア
真央「金」に先手!ヨナの直前滑走で宿敵に重圧かける…フィギュア

チリ巨大地震 「見る間に潮位上昇」 「いつまで続く」終日警戒(産経新聞)
花咲港で建物に浸水=北海道根室市(時事通信)
鳥取県市長会「日本のチベット」に抗議声明(読売新聞)
自民党が議院運営委員長解任決議案を提出(産経新聞)
新手ネットビジネスに苦情、2社に業務停止命令(読売新聞)

自動二輪車利用者アンケート実施中…駐車場整備(レスポンス)

東京都青少年・治安対策本部では、ウェブサイト上で「自動二輪車利用者アンケート」を実施している。

これは東京都の総合的な駐車場対策の一環として、自動二輪車が駐車可能な路外駐車場および、路上駐車場の整備を促進するために、必要な基礎データの収集を目的に行われるものだ。自動二輪車の利用状況や、駐車場の利用で感じたことなどを、ユーザーからの意見として吸い上げることで、今後の駐車場整備促進の参考とする。

アンケートは現在自動二輪車を運転しているライダーが対象で、調査は株式会社交通総合研究所が東京都より委託を受けて行う。

アンケート内容は、
1. 自動二輪車の利用頻度
2. 駐車場利用の理由
3. 最近の利用の変化
4. 変化の予想
5. 利用料金の希望
6. 駐車場の形態
7. 駐車場整備の方向性
8. 整備の場所について
9. 要望
10. 場所の希望
11. バイクの排気量
12. 在住エリア
13. 在住市町村
の13項目。

アンケートは都内在住者でなくても参加可能。回答の締切は3月7日。

URL
http://www.bike-q.com/

《レスポンス 福光英人@MOTORDAYS》

【関連記事】
EVコンセントをマンション駐車場に設置…ライオンズマンション
タイムズ駐車場情報がYahoo!で検索できる
【NAVITIMEドライブサポーター 機能編】駐車場にECOマネージャーなど、便利なツール満載
東京都 特別編集
モーターサイクル 総合 特別編集

長妻厚労相と社保審委員らが異例の意見交換(医療介護CBニュース)
ストックオプション 相次ぐ脱税摘発 「給与認定」最高裁の判断背景(産経新聞)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件-東京地裁(時事通信)
審議拒否“不発” 自民いがみ合い 谷川氏「与党にはカエルの面に…だ」(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。